実践してみる

トイレのつまりを直すために使用するラバーカップは、周囲に二次被害が出ないようにビニールシートを利用して準備をしましょう。このラバーカップは、コツがあるので、それを知らないと正しい対応ができないでしょう。

ラバーカップラバーカップを便器の排水口に押し付けるときには、静かに押し付けることが必要です。そして押し付けたラバーカップを引き抜くときには勢いをつけて引きましょう。これを何度も繰り返すことで排水が引き込まれる現象が生じます。排水が引き込まれて水が正しく流れていくことを確認するまで繰り返し行いましょう。この確認ができるまで、水を流さないように注意しなければいけません。

上手にトイレのつまりの排水がラバーカップでできた後、その後トイレを使用しても大丈夫か確認しなければいけません。トイレのつまりが取れたと確認できたらバケツで水を流してみましょう。この水を流す作業でスムーズに水が流れる場合にはトイレのつまりが解消されていることになります。バケツの水で確認するのは、トイレの便器タンクの水では量が多くトイレのつまりが解消されないと便器から水が溢れてしまうのでこの方法を採用します。この作業によりトイレの流れがスムーズにできないときには、トイレのつまり対処は出来ていません。水道工事などの専門業者に点検をしてもらいましょう。